SANOFI PASTEUR

本サイトは不活化ポリオワクチン接種の重要性の啓発を目的として一般の方を対象としております。

menu
どんな人が感染しやすいの?

どんな人が感染しやすいの?

  • イメージ
  • 小児の感染

    現在、国内でポリオは流行していませんが、
    海外から持ち込まれて感染するリスクがあります。

    ポリオは成人にも発症しますが、小児患者が多いため小児まひとも呼ばれています。
    国内では、1981年以降野生株のポリオウイルスによるポリオ患者は報告されていませんが、一部の国ではいまだにポリオの発症が報告されています。感染は国境を越えて広がるケースもあり、旅行者などがウイルスを日本に持ち込むリスクもあります。
    ポリオウイルスに感染しても、まひなどの症状が現れない場合も多いので、海外で感染したことに気づかないまま帰国(あるいは入国)してしまう可能性があります。症状がなくても、感染した人の糞便中にはポリオウイルスが排泄され、感染のもとになる可能性があります。

    2015~2016年にポリオ発症が
    確認された国から日本への入国者数

    2015~2016年にポリオ発症が確認された国から日本への入国者数
    ※1
    Global Polio Eradication Initiative, ANNUAL REPORT 2015
    http://polioeradication.org/wp-content/uploads/2016/10/AR2015.pdf(2019年2月8日アクセス)
    ※2
    Global Polio Eradication Initiative, THIS WEEK
    http://polioeradication.org/polio-today/polio-now/this-week/(2019年2月8日アクセス)
    ※3
    法務省: 出入国管理統計表
    http://www.moj.go.jp/housei/toukei/toukei_ichiran_nyukan.html(2019年2月8日アクセス)
  • イメージ